オイリー肌を改善させるための方法は?

オイリー肌を改善させるための方法として最も有効なのは、保湿を徹底するということです。
オイリー肌の場合、保湿不足により肌がインナードライ状態に陥っていることが多く、うるおいを補うため自ら皮脂を分泌し、常に肌が脂っぽい状態になります。

皮脂の分泌が過剰なため、肌が潤っている錯覚に陥りがちですが、実は肌の奥は乾燥してしまっています。
これを改善させるためには、保湿ケアを徹底的に行うことがベストな方法です。
具体的な方法は、角質を健やかに保つということが重要なポイントです。
パックやピーリング剤、ふき取り化粧水などを使って角質を柔らかく整えましょう。
角質が整えば、化粧品の浸透を格段にアップさせることができ、効果的に保湿ができます。
化粧水を肌になじませる前にブースターを使うとさらに浸透力を高めることができます。
脂質の代謝を促進させる効果があるビタミンB群の摂取もおすすめです。
ビタミンB群は水溶性のビタミンなので不要な分は全て尿と一緒に体外に排出されてしまいます。

体にキープしておけない成分なのでサプリでこまめに摂取するのが大切です。
オイリー肌を改善させるための方法をきちんと理解して対策に努めましょう。

1-oily

オイリー肌の改善に役立つ食べ物は?

オイリー肌の改善に役立つ食べ物は、スキンケアの効果を高めます。
肌は排泄器官ですので、体全体のバランスが整うことで過剰な皮脂の分泌を抑えます。
オイリー肌を改善してくれる食べ物には、皮脂の分泌を抑えてくれるものと、肌の乾燥を防いでくれるものがあります。
ビタミンは肌の代謝を高める栄養素で、うなぎや納豆、レバー、青魚などに多く含まれています。
また、食物繊維をたっぷり摂ることで余分な皮脂を体外に排出してくれる効果が期待できるため、野菜や果物を積極的に食べるようにしましょう。

特に切り干し大根や干し椎茸は出汁にもなり、乾物としても使いやすい食材です。
フルーツでは乾燥させたいちじく、柿もおすすめです。
肌のセラミドは保湿成分として有名ですが、こんにゃくにたくさん含まれていますので、オイリー肌の人は煮物にしてこんにゃくや干し椎茸、切り干し大根を食べる習慣をつけると良いでしょう。

ひじき、わかめ、ごぼう、鶏肉、牛すじ、さんまなどにもヒアルロン酸やコラーゲンが含まれ、肌や体内環境を改善するのに効果的です。
間食にはアーモンドやピーナッツ、いちごなどが良いでしょう。

2-oily

効果的なサプリメントにはどんなものがある?

オイリー肌改善に効果的なサプリメントは、ビタミンB群、ビタミンC、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、プラセンタなどが配合されているものです。

オイリー肌の大敵は肌の乾燥です。
肌の乾燥は、角質のバリア機能を低下させ、肌の潤いをため込む力を弱め、さらに乾燥を加速させていきます。
すると肌は、自ら潤いを補おうとして皮脂を過剰に分泌します。
それがオイリー肌の原因です。
つまり、インナードライの状態に陥っているということです。
皮脂が分泌されているので、肌の表面は潤っているように見えますが、実は角質の奥では乾燥している状態なので、潤いをチャージすることが重要なポイントです。

化粧品による保湿ケアももちろん大切ですが、体の中からオイリー肌を改善させるためのサプリメントも積極的に摂取しましょう。
脂質の代謝を促す効果があるのがビタミンB群で、保湿力を高める効果があるのがビタミンCやコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドやプラセンタなどです。
コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドは加齢に伴い減少していきますのでサプリメントでしっかりと補いましょう。
サプリメントも積極的に摂取して体の中からオイリー肌を改善させましょう。

3-oily

オイリー肌にまつわること

このページでは、オイリー肌の改善をまとめていきました。
肌質によっては、ニキビができやすい状態になることもあります。
ニキビってできると痛かったしますし、気をつけたいところです。
ですが、気をつけてもできてしまうときはあるもの。気がついたら顎周りにニキビがあったなんてこともあり得ます。
顎ニキビなどに悩まされているなら、このサイトがおすすめです。